麗のえび

サンタビーとシャドーシュリンプの飼育ブログ ときどき熱帯魚、水草

「生きた水」!!


こんばんは、「麗」です。


気軽にコメント下さいね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と宜しくお願いします。


今日は少し、「熱帯魚の水」について、書きたいと思います。


なぜ、この様な事を、書こうと思ったかと、言いますと、

少しでも、皆さんのお役に、立てればと、思ったからです。

私は、エビ飼育に本腰を入れて、「8ヶ月」と、短いですが、

熱帯魚飼育歴は、「28年」と、長い方だと思います。


皆さんには、申し訳ないのですが、

最初は、あまり、エビに興味がなく、

子供が、「このエビ、欲しい!」と、言われたのが、キッカケです。

最初の頃は、「飼っては☆、飼っては☆」の、繰り返しでした。

去年の夏は、水温「34度」まで、上げてしまい、

ほぼ、「全滅」です。

何を、やって良いかも、解らず、

あまりにも、思い通りに行かない為、

28年間の熱帯魚魂に、火が付いてしまったのです。

私のブログを見て頂けている方は、解ると思うのですが、

かなり、順調に、いっています。

それは、「なぜか?」と、言いますと、

「基本」に立ち返ったからです。

それでは、「基本」とは、何か?

と、言いますと、


「水」です。


生命の、「源」です。



最近では、浄水器も、発達し、ROなどの水も有ります。

「綺麗な水」を、手に入れるのは、割と、簡単です。

コンビニにも、水は、売っています。


ですが、


「綺麗な水」と、「水槽に使う水」は、「違う!」と、言う事です。


飲み水に使う水は、飲んでも健康に、害の無い水です。

水槽の水を飲めば、お腹を下すでしょう。


では、「何が違うのか?」


水槽の水は、「生きている!」からです。


この「生きた水!」を、作る事が、大切なのです。


綺麗過ぎる環境では、「生物」は、生きられません。


「バクテリア」、みなさんご存じだとは、思いますが、

水槽には、必要不可欠な、存在です。

この、チッチャなチッチャな菌が繁殖できない、

何もない、ただの綺麗な水では、

当然、魚もエビも育たないでしょう。

ですので、この様な、綺麗な水を、使っている人は、

「ミネラル」などを、添加するのです。

生物が、「生きる為の水作り!」として。

水槽の調子が良い人の話を聞いて、

真似をするのは、「成功の近道!」です。

ですが、真似をしても、上手くいかないのは、

大抵、「水の問題」です。

「水槽の環境を整える」と、良く言いますが、

水が、しっかりとしていなければ、「バクテリア」を、幾ら入れても、

「バクテリア自身」の「活性」が上がらず、

いつまでたっても、自然の浄化サイクルが、水槽内に出来上がらないのです。

「立ち上がらない!」と、いうのは、この事です。

ですので、私は、特別な水は、使わずに、


「水道水」を、使います。


当然、カルキは抜きます。


昔は、浄水器など、有りませんでしたから。


ですが、「浄水器」、「RO水」が、「イケない」と、言っている訳では、有りません。

勘違いしないで頂きたいのですが、


「浄水器」には、浄水器の、「RO水」には、RO水の、


「水の作り方がある!」と、言う事です。


当然、「綺麗な水」ですので、「ミネラル」を、添加すれば、

早く浸透し、多くの場所に、行きわたるので、

生物にとって、良いのでしょう。

しかも、不必要な物は、入っていないので。

ですが、水道水には、余計な物が、入っているので、

「ミネラル」を、添加しても、それらが邪魔をして、

行き渡るまでに、「綺麗な水」よりも、時間が掛かると、思います。


水の作り方さえ解っていれば、「水は、何でも良いのです。」


極端な話ですが、「ドブの水」でも良いのです。

自分で「ろ過」すれば良いのですから。

極端過ぎますが。


「水道水」を使った水作りは、最低でも2~3日は、掛かります。

「浄水器」、「RO水」でも、基本的には一緒なので、

同じだけ掛かります。

ですので、「熱帯魚飼育は、難しい」ですとか、

「熱帯魚は、良く解らない」ですとか、

上手く行かずに、途中で挫折する人が、多いのだと、思います。

浄水器の水やRO水などは、足し水や水変えの時には、

そのまま水槽へ、入れられますが、

一晩ほど、水槽に入れる前に、水作りの一手間を加えると、

全然違う物になると思います。


次回になりますが、昔から行っている「水の作り方」を、

紹介したいと思います。

昔は、熱帯魚をやっている人は、大体の方が知っている、やり方です。

時間は、掛かりますが、やっている事は、

至って、シンプルです。

次回、写真と供に書かせて頂きたいと、思います。


最後に、今日、こんな物を、見つけました。


4つ葉のクローバー!

皆さんに、良い事が、訪れますように。

チョット欠けていますが。


気軽にコメント下さいね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
最後に「ポチッ!」とお願いします。


それでは。















拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

はじめまして。

はじめてコメントさせていただきます。
水は諸先輩のブログを拝見すると、「困ったら換水」「キラキラした水」などの表現でご紹介されています。その水作りがよくわかっていないので是非次回のブログ更新を楽しみにしています。

こんにちは。

アクア歴凄いですね!

自分なんかまだまだです(^_^;)

水の話しとても深くて勉強になります(^^)

次回も楽しみにしときますね♪

無題

やっぱり生きている水ですよね!

私も熱帯魚の飼い始めのころは、水を全換水し、フィルターもきれいに洗い、どや顔でこれでばっちりだろ~とあほな事をして☆にして悩んでおりました。
それから自分なりにいろいろ調べました。
やばい!
長くなっちゃいますんでこのへんでポチ!

masafi1015

こんばんは、

コメント、ありがとうございます。

水は、一番大事だと思います。

私は、水変えは、一切しませんが、

管理方法によっては、必ず、水変えが、必要な水槽も、有りますので、

今度、その理由を、ブログに書かせて頂こうかと、

思っています。

「キラキラした水」と、有りますが、

私なりの、解釈ですが、

大自然の中の湖などを見た時に、透明感溢れる透き通った水で、

その場所自体が、光輝いて見える事って、無いですか?

生命力に満ち満ちている様な。

そういう水を、言うのだと、私は、考えています。

ですので、人によっては、水槽に使用する水を、

井戸水や湧水を、遠い所まで、汲みに行くんだと、思います。

水作りの方法は、簡単ですので、知識として、留めて頂くだけでも、

損は無いと、思います。

昔は、よくやっていた事ですので。

また、気軽にコメントして下さい。

励みになります。

無題

こんばんは(^^)

ためになる記事で勉強になります。

生きた水、私の水はまだコントロールも出来ず迷走してます。

次回の記事が楽しみです。

それではポチっと♪

きりんさんへ

こんばんは、

ただ、何とな~く続けていたら、

こんな年に、なってしまいました。

月日が経つのって、恐ろしいですね!

役立って頂けたら、嬉しいです。

パピヨさんへ

こんばんは、

生きている水、だと思います。

私も、熱帯魚を飼う前に、金魚を、飼っていた時に、

よくやりました。

だから、金魚すくいの金魚って、すぐ☆に、なるんですよね。

コメント、長くても、大丈夫です。

長いの、好きで~す。(笑

ポチ!、ありがとうございます。

トーヤさんへ

こんばんは、

お役に立って頂ければ、幸いです。

水作りは、本当に、簡単です。

もし良ければ、一度、試してみて下さい。

次回も、頑張ります。

ポチッと、ありがとうございます。

楽しみにしてますよ!!

お疲れ様です!

これは面白そうな記事ですね!!
水づくりの過程、楽しみにしております!!

ポチっとな☆

無題

なんと!
アクア歴28年でしたか!!
大先輩ですね(^O^)/
私の主人も、『エビを育てようと思うな!バクテリアを育てろ!』という記事を書いたことがありますが、
麗さんがおっしゃるように、アクアの基本は、まさに『水作り』だと思います♪
昔から行なっている水作りの解説、
とても楽しみです(^O^)/

Shrimppinさんへ

こんばんは、

コメント、ありがとうございます。

水作りは、至って、単純、シンプルです。

頭の中に、知識として、入れて置くだけでも、

話のネタに、なると思いますが、

あまり、期待は、しないで下さい。

ポチっと、ありがとうございます。

桜心さんへ

こんばんは、

大先輩ってほどでは、ありません。

気が付いたら、年をとっていた、という感じです。

ご主人様の記事を、拝見させて頂いた時に、

「やっぱり、そうなんだ」と、再確認させて頂きました。

桜心さんに、楽しみと、言って頂けて、恐縮です。(照・嬉

プロフィール

HN:
年齢:
47
HP:
性別:
男性
誕生日:
1970/03/06
職業:
趣味:
熱帯魚飼育

リンク

フリーエリア

忍者カウンター