麗のえび

サンタビーとシャドーシュリンプの飼育ブログ ときどき熱帯魚、水草

チョビット作製~!(笑

 

こんばんは、「麗」です。


何時も、ありがとうございます。


気軽にコメント下さいね。
リンクも気軽にお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と宜しくお願いします。


昨日は、皆さんにご心配をお掛けしまして、


すいません。


暖かいコメント、ありがとうございます。


水分をイッパイ取って、一晩寝ましたら、


大分楽になりました。


本当に、ありがとうございます。


お仕事もちゃんと行って来ましたよ♡


昨日、内枠を入れました、


こちらの、

基礎の、コンクリートを打って来ました。


打設方法は、

ポンプ~!


コンクリートをポンプで、枠の中に流し込みながら、


ハイ!

バイブ~!


バイブを掛けて、コンクリートの中の、


空気を抜いて行きます。


平らに入れ終わりましたら、


2度目の、

バイブ~!


バイブを2回掛ける理由は、


簡単に言いますと、


1度目のバイブは、エアー抜きで、


2度目のバイブは、ヒビ割れ防止です。


そして、コンクリートの天場をコテで均して、


こちらの様に、

釘を刺します。


この釘は、45㎝~60㎝間隔で、刺して有ります。


この釘を、レベルで高さを見まして、


全ての釘の高さを、同じ高さにして有ります。


この釘を目安に、


こちらの、

基礎レベラ―を、


お水で溶いて、流して行きます。


そうしますと、基礎が、真っ平らに仕上がります。


この基礎レベラ―を、流す前に、


こちらの様に、

コンクリートの表面に、


コテで、傷を付けて行きます。


こうしますと、コンクリートとレベラ―が、


剥がれなくなります。


そして、基礎レベラ―を、ミキサーを使って、


こちらの様に、

お水で溶いて行きます。


トロットロの液状です。


流し終わって、


ハイ!

完成~!


今日は、基礎レベラ―を、7袋使いました。


ですが、お仕事は、ここで終わりでは無いんですよ~。


基礎の上に、


こちらの様に、

板や桟木を、置きまして、


ハイ!

養生~!


板や桟木を置きましたのは、


こちらの養生マットが、


基礎の天場に付かない様にする為です。


これで、こちらの現場は、5日間の養生期間を置きます。


そして、おうちに帰って来ましてから、


収納棚の作製を、少し進めました。


行いました作業は、


こちらの、

材料を、2枚1セットにして、


ビス止めして行きます。


まずは、ドリルで、

下穴を空けます。


この時に、下穴は斜めに空けて行きます。


そして、ビスで、
 
2枚1セットに止めます。


四隅を止めまして、
 
こんな感じです。


ビスを斜めにして、締める理由は、


部材に対して、直角にビスを締めるより、


斜めにビスを止めた方が、しっかりするからです。


四隅止めますので、四隅4本とも中心に向かって、


ビス止めして有ります。


この方が、強度も増します。


そして、裏返して、


反対側にも、補強で、ビスで締めます。


こちら側は、部材に対して、

直角に、穴を空けます。


こちら側は、見える部分ですので、


ビスが斜めに入っていると、


可笑しいですので、化粧の意味も込めて、


垂直に、真っ直ぐ穴を開けます。


そして、

ビス止めします。


出来上がりは、

こんな感じです。


こちらは、柱になります。


こちらを、8本作ります。


ハイ!
 
8本~!


私のイメージしている物は、


棚というより台をイメージしています。


こちらの柱を使って、


この様に、
 
作製しようと思っているのですが


部材の長さが、
 
1m84㎝です。


作りたい長さは、2mなので、


足りない長さは、


短い部材で、補います。


こんな感じです。

これで、2mになります。


足した部分と、ジョイント部分に、


こちらの様に、
 
柱が必要になりますので、


柱は、片方4本、両側で8本です。


今日は、ここまでです。


早く作って、えびちゃん部屋、スッキリしたいな~。


気軽にコメント下さいね。
リンクも気軽にお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
最後に「ポチッ!」とお願いします。


それでは。

拍手[0回]

プロフィール

HN:
年齢:
46
HP:
性別:
男性
誕生日:
1970/03/06
職業:
趣味:
熱帯魚飼育

リンク

フリーエリア

忍者カウンター